こんにちは。鉄道員(ぽっぽや)社長の柴田です。

2019年度スタート!今年もやります、「スタートアップ×JR」の事業共創。
「JR東日本スタートアッププログラム2019」、募集を開始しました。
※プレスリリースはこちら

JR東日本スタートアッププログラムは、スタートアップ企業のアイデアや技術と、JR東日本のアセットを結び付けて、新しい事業・サービスを創りだそうというプログラムです。
JR東日本が目指す豊かな暮らしや未来のサービスの実現、社会課題の解決につなげていくことを目的としています。

2017年度に初めて開催して、この2年で計42件の提案を採択。
うち29件については、JR東日本の実際のアセットを使って実証実験を行い、一部の取組みは実用化に至っています。

3回目となる「JR東日本スタートアッププログラム2019」。
もっともっとイノベーションを加速するために、新たな実証実験フィールドをもうけました。

それが、「JR合同」、「新潟」、「高輪ゲートウェイ」の3つです。
「JR合同」(エリア拡大)では、JR東日本だけでなく、JR西日本、JR九州グループの資源を活用した協業プランを募集します。
「新潟」(地域連携)では、新潟駅開発を見据えて、新潟市の特区やエリアを活用した協業プランを募集します。
「高輪ゲートウェイ」(グローバル)では、2020年春に開業を迎える同駅周辺での展開を見据えた協業プランを募集します。

いずれもチャレンジングな領域ですが、その分やりがいが大きいと思っています。
それぞれに込めた思いもいっぱいあるので、またどこか機会があれば紹介しますね。

もちろん、通常のJR東日本のアセットを活用した共創プランも募集します。
「スタートアップ×JR」だからこそできる独創的な事業共創アイデアを熱烈歓迎します。

募集期間は2019年4月9日(火)~5月31日(金)
専用ホームページからご応募ください。※専用ホームページはこちら
お問い合わせは、こちらのアドレスへどうぞ。info@jrestartup.co.jp

皆さん、よろしくお願いします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事