こんにちは。鉄道員(ぽっぽや)社長の柴田です。

AIを活用した無人決済店舗の実証実験第二弾を赤羽駅で実施
~レジで会計待ちすることなく、スマートな買い物体験を~

JR東日本JR東日本スタートアップは昨日(10/2)、無人決済店舗の実証実験を行うことをリリースしました。
※プレスリリースはこちら

新しい買い物スタイルに挑戦する無人決済店舗。
10月17日に、赤羽駅の5・6番線ホーム上にオープンします。

同店舗は、サインポスト㈱の開発したAI無人決済システム「スーパーワンダーレジ」を使って、スマートな買い物スタイルを実現します。
同社は、2017年の「JR東日本スタートアッププログラム」で最優秀賞を受賞した会社です。
実際に、昨年は大宮駅で実証店舗を開設。1週間で約2000人のお客様にご利用いただきました。

今回は、昨年の実証実験結果を踏まえ、AI無人決済システムをバージョンアップ
商品認識率や決済認識率を向上させるほか、昨年は一人ずつでしたが、今回は複数人を同時に追跡して決済ができるようにします。
実用化をより一層視野に入れた実証実験となりますね。

このAI無人決済システム「スーパーワンダーレジ」は、カメラ等によるセンサーを用いて、お客様が選んだ商品をAIが認識。自動的に購入金額を算出します。
もちろん、お会計はSuicaなどの交通系電子マネーでOK。
会計待ちなし、キャッシュレスのスマートな買い物体験を提供します。

どんな買い物スタイルになるかというと、こんな感じです。

お客さまの買い物手順
1.店舗入口でSuicaなどの交通系電子マネーをかざして入店
2.売場の商品棚から商品を手に取り、決済ゾーンへ
3.壁掛けディスプレイで購入する商品名と合計金額を確認
4.Suicaなどの交通系電子マネーで決済
5.決済が完了すると出口ゲートが開く

 

AI無人決済システムの動き
1.天井に設置されたカメラがお客さまを認識
2.商品棚にそれぞれ設置されたカメラ等のセンサーで、お客さまが手に取った商品を認識
3.自動的に購入商品の合計額を算出し、壁掛けディスプレイに表示

ね?ちょっとスマートじゃないですか?
無人決済システムはアメリカや中国などでどんどん実験や導入が進んでいます。「Amazon Go」なんかが有名ですね。
でも、日本にはSuicaがある!Suicaなどの交通系電子マネーを使えば、もっと便利にもっとスマートに買い物ができるんだよって、世界にアピールしたいですね。

実証実験の概要は次の通りです。

実証実験の概要
期間:2018年10月17日から2カ月程度
営業時間:10:00~20:00 ※平日のみ。
場所:赤羽駅5、6番線ホーム上特設店舗(東京都北区赤羽1丁目1-1)
店舗面積:約21平方メートル
販売商品:約140種類(飲料、ベーカリー、菓子類)※紀ノ国屋の商品

皆さん、ぜひ赤羽駅にお出でください!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事