こんにちは。鉄道員(ぽっぽや)社長の柴田です。

先日の当ブログで、鉄道各社をつなぐ「YOKOGUSHI」の象徴として、共通乗車ICカードSuicaを紹介しました。

鉄道各社だけでなく、JR東日本グループの中のシームレスな連携(=YOKOGUSHI)も進めています。
今回、グループの「YOKOGUSHI」を進める新たなツールが登場します。
それが、「JRE CARD」。2018年7月2日にデビューです。
※詳しくはこちらのプレスリリースをご覧ください。

「JRE CARD」は、駅でも駅ビルでも便利でおトクに使えるクレジットカードです。
JRE POINT加盟店でのお買いものでポイントが貯まるほか、アトレやテルミナなどのJRE CARD優待店でご利用いただくと、ポイントが通常の3倍貯まります。
どれくらい貯まるかというと、100円につき3ポイント(3円相当)。さらに、請求金額確定時に1,000円につき5ポイントが貯まるから、3.5%ポイント還元になります。結構おトクですよね。

ちなみに、JRE POINTとは、JR東日本の駅や駅ビル等の利用で貯まる、JR東日本グループの共通ポイントです。
こちらは2016年にスタートした「YOKOGUSHI」の一つ。それまでバラバラだった駅ビル等のポイントやSuicaポイントなどを統合、昨日(6/28)からビューカードの「ビューサンクスポイント」も統合しました。
毎日の暮らしに密着したサービスを展開する当社らしく、日常づかいで貯まっていくのが特徴です。

そんなJR東日本ユーザーならとってもお得なカード「JRE CARD」のデビューに合わせて、最大8,000ポイントプレゼントのキャンペーンを実施します。
※詳細はこちら
皆さん、この機会にぜひ「JRE CARD」へのご入会をご検討してはいかがでしょうか。

どんどん進むグループ内の「YOKOGUSHI」。お客様目線、暮らし目線で、もっともっと連携を進めていきたいですね。
私たちJR東日本スタートアップの役割もそこにあると思っています。もっともっとスタートアップ企業の皆さんと「YOKOGUSHI」を進めたいと思います。
皆さん、よろしくお願いします。

おすすめの記事