こんにちは。鉄道員(ぽっぽや)社長の柴田です。

再生可能な新素材を使用した「LIMEX」傘のシェアリングサービスにチャレンジ!
使い捨て傘の撲滅に向けて、ベンチャー2社と新しい共創をスタートします。

今回パートナーになるのは、石灰石を原料とした再生可能素材「LIMEX」を開発した㈱TBM
そして、傘のシェアリングサービス「アイカサ」を運営する㈱Nature Innovation Groupです。

この両社の技術とJR東日本のインフラを掛け合わせることで、駅を起点とした環境にやさしい傘のシェアリングサービスに挑戦します。
6月12日から上野エリアで始まる傘シェアリングイベントの一環として、100本のLIMEX傘を用意。
上野駅と御徒町駅で、LIMEX傘のシェアリングサービスをスタートします。
※プレスリリースはこちら


(2018年12月大宮駅スタートアップステーションにて)

ようやくここまで来た…というのが正直な感想。胸アツです。
㈱TBMは、JR東日本スタートアップ2018の共創パートナー。
事業共創の「熱い夏」を通じて、世界初の石からつくった傘、「LIMEX」傘を共同開発しました。

大量に製造され、使い捨てされるビニール傘…。廃棄も遺失も多く、環境への負荷が問題となっています。
何とかできないかと議論を重ねるうちに生まれたのが、LIMEX傘のアイデアでした。

さらに、シェアリングにより不要な傘の所持を減らせれば、環境負荷を大きく低減できるはず…。
移動の起点となる駅って、そういう意味では、すごく相性がいいですし、取り組む意義は大きいと考えました。

今回、傘のシェアリングサービス「アイカサ」を手がける㈱Nature Innovation Groupと出会えたのは、ドンピシャのタイミング。
同社が展開するLINEアプリを使用した傘シェアリングは、すごく手軽に使えるので、多くのお客様の利用が期待できます。
傘に付いてあるQRコードを読むだけ。1日70円で同日内なら何度でも利用可能。借りる場所と返す場所は別でもOKです。

今般、同社を新たなパートナーとして迎え、ついにその共創プランを実現することができました。
ここに至るまでいろいろあったので、本当に胸アツです(再)。

あらためて、LIMEX傘シェアリングの概要は以下の通り。

LIMEX傘シェアリング概要
開始日:6月12日(水)10時から
傘立ての設置場所:上野駅公園改札外(公園口)、御徒町駅北改札外 ※返却は他拠点でもオーケー。
貸し出す傘の本数:100本
料金:1日70円 ※同日内なら何度でも利用可能。

お出かけのひとには申し訳ないのですが、この時期はたくさん雨が降ってほしい…。
できるだけ多くの方にLIMEX傘シェアリングを体験していただきたいと思います。皆さん、ぜひご利用ください!


(JR東日本スタートアッププログラム発表会でプレゼンする窪田さん@㈱TBM)

ちなみに裏話ですが、LIMEXで傘がつくれないかと㈱TBMに持ち掛けたとき、はじめに出来上がったのは手のひらサイズの試作品中棒部分は歯ブラシでした(苦笑)。
あれから半年ちょっとで、よくぞここまで来ましたね…。胸アツです(再々)。

TBMはじめ、関係の皆様、本当にありがとうございました
環境にやさしい社会、一緒につくっていきましょう。これからもよろしくお願いします!

皆さん、よろしくお願いします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事