こんにちは。鉄道員(ぽっぽや)ベンチャーキャピタル社長の柴田です。

JR土浦駅が、一大サイクリング拠点として生まれ変わります。

JR土浦駅に隣接する駅ビル「ペルチ土浦」が、日本最大級の体験型サイクリングリゾート「PLAYatré」にリニューアル。
その第一弾として、シャワーやコインロッカー、レンタサイクル、サイクルショップ、カフェなど、サイクリングを楽しむためのベースキャンプが、2018年3月29日にオープンしました。

実は土浦駅は、全長180kmのサイクリングコース「つくば霞ケ浦りんりんロード」のスタート地点。
先般、土浦にでかけてみたら、多くのサイクリストたちで賑わっていました。

駅ビルのなかを、自転車を押したヘルメット・短パン姿のサイクリストが歩く姿は、ある意味、斬新。
駅ビルの床には、自転車のためのガイドラインも貼られていて、普通にサイクリストが駅ビルの中に溶け込んでいる感じ。

大型のサイクルショップは、本格的なロードバイクが売られています。
たまたま訪れた日は、駅前でサイクリストのためのイベントが行われていました。さすがはサイクリングのまち・土浦…。

地下にはサイクリストのためのシャワー施設やコインロッカーが整備されています。
レンタサイクルもあるので、初心者の方はこちらで借りてサイクリングに出かけるのもいいかもしれません。

自転車と鉄道。どちらも環境にやさしいのがいいですね。気持ちのいい晴れた日にでかけたいですね。
この後も、2019年秋以降のグランドオープンに向けて、サイクリングホテルやレストラン、茨城の人気ショップを集めたフードマーケットなども続々オープンする予定です。

自転車好きの方も少し関心のある方も、ぶらりと土浦におでかけしてみてはいかがでしょうか。
皆さん、よろしくお願いします。

おすすめの記事