こんにちは。鉄道員(ぽっぽや)社長の柴田です。

昨日に続き、5/9に行われたトヨタ自動車の決算発表における記者会見から、刺激を受けた言葉を紹介します。

2018年3月期決算で、過去最高益、そして日本の上場企業の最高益を更新したトヨタ自動車。
それでも全く驕るところはありません。むしろ、強い危機感と新たな挑戦心を口にされたのが豊田社長でした。

記者が質問します。今や「世界のトヨタ」として超優良企業となったトヨタ自動車。
その社員に何をやってもらいたいのか、社長として何を期待しているのですか?

「回答はシンプルです」と前置きして、豊田社長は次のように答えられました。

従業員、ステークホルダーに期待しているのは、「その街一番の自動車会社になってください」ということに尽きます。
世界一とか日本一よりも、その街一(イチ)。その街であれば、喜んでいただく顔も見えるし、怒っている内容も分かります。
それこそがトヨタの得意芸であるカイゼンにつながるのです。


(写真はイメージです)

カイゼンを未来永劫続けていくためにも、その街一番の自動車会社になることを目的にやる。それがトヨタの持続的成長につながるのだ、と豊田社長は続けました。
日本一あるいは世界一になっても、トヨタの目線は「その街」にある。お客様や街にお住いの人たちを見る。常に現場を向いていくんだというメッセージなのでしょう。

危機感、挑戦心に加えて、常に変わらぬ「現場主義」。この辺がトヨタの強さの源泉なのかもしれません。

(写真はイメージです)

私たち(JR東日本スタートアップ)も「JR東日本”三河屋”」として、現場を走り回って、新しい事業・サービスのタネを見つけていきたいと思っています。
そして、その街一番の「明日」創造ステーションをたくさんつくっていきたい。生意気ながら、豊田社長の話しを聞いて、そんな風に思うのでした。
皆さん、よろしくお願いします。

おすすめの記事