こんにちは。鉄道員(ぽっぽや)社長の柴田です。

また新しい名刺をつくりました!
なぜかというと、オフィスを移転したからです。

このブログでは紹介していませんでしたが、昨年末に、新宿駅にほど近いシェアオフィス「12Shinjuku」に移転しました。
結構手づくりだったから、家具とかが揃って、オフィスの体をなすようになったのは最近のこと(苦笑)。

でも、時間をかけた甲斐があって(?)、結構カッコいいオフィスができました
皆さん、お手すきのときにぜひ、私たちの新しいワークスペースにお越しください。

そんでもって、新しい名刺も、ドタバタだったので時間がかかっちゃいました。
名刺ができたのはつい最近のこと。それまでの間、皆さんに旧い名刺を渡しちゃってて申し訳ございませんでした。

今回の名刺は、なんと、再生可能素材「LIMEX」で作成しました!
そうです。JR東日本スタートアッププログラム2018のパートナー、㈱TBMが開発して普及にチャレンジしている新素材。


(㈱TBMのホームページはこちら。)

私たちもそのビジョンに共鳴し、同社と共に世界初の「LIMEX」傘を開発。そのシェアリング事業を共創しているところです。
今回、いち早く、「LIMEX」名刺での共創が実現しました。

名刺と言えば、これまでも数々のドラマ(?)を生んできました。
ここで、JR東日本スタートアップの名刺の変遷を振り返りましょう。

まずは、歴史に残る(?)初代の名刺
これまた、ドタバタの中でつくりました。

営業活動に出るためには名刺がないといけないっていうので、つくったのはその当日の朝。しかも、場所は近くのキンコーズ
名刺が出来上がった後に、会社URLをテプラでつくって、1枚1枚貼ったのは、今もいい思い出です。

続いて、会社ロゴを前面に出した、斬新な(?)デザインの名刺。
これは当時、スタートアップの皆さんと名刺交換するたびに、その個性的なデザインに圧倒され、インスパイアされて思い立ったもの。
うちも「JR東日本スタートアップだとすぐ分かるオンリーワンの名刺をつくってくれ」という、社長のわがままをメンバーが聞いてくれました。

会社ロゴに込めた、新しい生命を生み出す海の青や植物のフォルムなどは、私たちの個性そのもの。
さらに裏面には、私たちの目指す「あなたの夢を未来につなぐ『明日』創造ステーション」というビジョンを記しました。

今回の名刺は、そのデザインを受け継ぐ3代目。
何といっても、その特徴は、再生可能素材「LIMEX」を使用していること。

そして、マイナーチェンジながらも大きいのは、メールアドレスや会社URLが見やすくなっていること。
今までは、青が強すぎて字がつぶれちゃっていましたが、今回は透過度を上げて、読めるようになりました。
だいぶバリアフリーになったんじゃないかしら。

実は、このLIMEX素材の名刺。いま、さらに新たなチャレンジが進んでいます。
私たちのグループ会社に、主に知的障がい者が働く「JR東日本グリーンパートナーズ」という会社があります。
この会社から、LIMEX素材の名刺をつくりたい!というご提案をいただいて、いま検討を進めています。
再生可能素材が生み出す、新たなダイバーシティ。こんな共創、いいですよね。

皆さんも、再生可能素材を使った「LIMEX」名刺、つくりませんか?

皆さん、よろしくお願いします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事