こんにちは。鉄道員(ぽっぽや)社長の柴田です。

2019年の初投稿です。
あらためまして、新年おめでとうございます

みなさん、初夢は見ましたか?
私自身はどんな初夢だったのか、お屠蘇を飲みすぎたせいで、まったく覚えていません(苦笑)。

ただ、私たちJR東日本スタートアップの夢は、鮮明に今も見続けています。
今日は年の始まりということで、私たちJR東日本スタートアップの夢を書き初めしたいと思います。

いろんなインタビューとかで話しているので、すでに耳タコかもしれませんが、「新年の思い新たに!」ということでご勘弁。
私たちの夢は、ひとことで言うと、JR東日本が日本最大のインキュベーターになること

そんな夢が実現したら、きっとこんな世界が広がっているはず…。

駅と鉄道から、日本を元気にする事業が次々に生まれる。
駅と鉄道から、世界をあっと驚かせる技術やサービスが誕生する。
駅と鉄道が、みんなの暮らしや働き方をもっともっと豊かに変えてゆく。

そんなチャレンジングな未来を実現したいと思っています。
実績も何もないルーキー会社が何を言う…なんて批判の声が聞こえますが、駅と鉄道、そしてJR東日本には、そのポテンシャルがあると本気で思ってます。
そして、国鉄改革という国をあげての一大改革を経て生まれたJR東日本にとって、そうすることが社会への恩返しになるのかな、なんて思ったりしています。

私たちJR東日本スタートアップは「『明日』創造ステーション」というビジョンを掲げています。
それは私たちがプラットフォームになって、スタートアップをその先の未来へ送り届けたいという思いを込めたものです。
2019年は、もっともっと多くのスタートアップの出発を後押ししたいと思ってます。

そして、私たちはこれを、JR東日本全体に広げたいと思っています。
JR東日本が『明日』創造ステーションになるJR東日本が日本最大のインキュベート拠点になる
そんな未来、正夢にできたらいいんだけどなぁ…。

今年1年、イノシシにも負けないくらい、駆け回りたいと思います!

皆さん、よろしくお願いします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事