こんにちは。鉄道員(ぽっぽや)社長の柴田です。

昨日(5/9)、トヨタ自動車が2018年3月期の決算を発表しました。
純利益が2兆4,939億円と過去最高益となり、日本の上場企業としての最高額を記録しました。


(写真はイメージです)

同社トップの豊田社長は記者会見で、「たゆまぬ改善というトヨタらしさが表れはじめた決算」と評価しつつも、今後については厳しい見方をされていました。

ライバルも競争のルールも変わり、未知の世界での生死をかけた闘いが始まっている。

自動車メーカー同士の競争から、自動運転やコネクテッド化等、テクノロジー・カンパニーを含めた競争に構図はシフトしています。
その中で、トヨタ自動車自身も変化していくことを宣言しています。
豊田社長は、トヨタを「自動車をつくる会社」から、「モビリティ・カンパニー」にモデルチェンジするという決意を口にされました。

100年に一度の大変革の時代を、「100年に一度の大チャンス」ととらえ、これまでにないスピードと、これまでにない発想で、自分たちの新しい未来を創造するためのチャレンジをしてまいります。

日本のトップ企業のトップが示す危機感と挑戦心。
記者会見の動画を見ながら身震いすら感じました。この限りない「改善(カイゼン)」意欲こそ、トヨタの強みの源泉なのでしょう。
すごく熱くなりました。豊田社長、有難うございました。

私たち「JR東日本スタートアップ」も、新しい未来を創ることをミッションに掲げています。私たちも、これまでにないスピードとこれまでにない発想で、挑戦していきたいと思います。
皆さん、よろしくお願いします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事