こんにちは。鉄道員(ぽっぽや)ベンチャーキャピタル社長の柴田です。

この前、「ピッチ」というものに、初めて参加しました。

ピッチ?何それ?…と、ぽっぽやは思いました。
ピッチとは、短いプレゼンテーションのこと。シリコンバレー発祥の言葉だそうです。
スタートアップ企業が投資家などに自社のアイデアやサービスを紹介する際に、そのアピールポイントを熱く、簡潔に「ピッチ」するんですね。

今回はじめて参加して思ったのは、みんな目の輝きが違う。イキイキしてます。
なんか説明するのが楽しくてしょうがない感じ。自分のアイデアに自信があるから、一言一言、ほとばしるんでしょうね。
聴いているこちらも楽しくなりました。


(写真ACより)

そのプレゼンも分かりやすい。
基本は写真や図。IT能力の高さも必要なんでしょう、デザインもオリジナリティがあります。
完成された仕様とか製品じゃないから、目指す姿をいかに聴衆に訴えられるか。これが大事。うちも見習わなくちゃなぁ。

あと、見習わなくちゃと思ったのは、名刺のデザイン。
プレゼンの後に名刺交換したんですが、どの名刺もオリジナリティにあふれてます。
サイズや色もさまざま、QRコードはもちろん、自社のビジネスがわかるようなデザイン。この辺りのこだわりも、自社のアイデアやサービスを知らしめたいという熱意の表れなんでしょうね。

わがチームメンバーのみんな、われわれの熱意とメッセージも名刺に込めましょう!…できるだけ安くね(苦笑)。

今回は、このようなピッチにご参加させていただき有難うございました。また参加したいと思います。
スタートアップ企業の皆さん、また会いましょう!

おすすめの記事