こんにちは。鉄道員(ぽっぽや)社長の柴田です。

スタートアップ企業とJR東日本が一緒に共創プランを練り上げる「JR東日本スタートアッププログラム」
今年は182件のご応募をいただき、その中から23件を採択。来る11/29に最終発表会を行います。

ただ、JR東日本スタートアッププログラムは、発表がゴールではありません。
むしろそこがスタート。ここから、JR東日本のインフラを使った「実証実験」フェーズに入っていくのが特徴です。

その口火を切るのが、大宮駅「STARTUP_STATION」です。
開催日は、2018年12月3日(月)~9日(日)の7日間
大宮駅西口のイベントスペースで、採択企業と練り上げた共創プランのデモ展示を行います。

実際に展示を行うのは、「アクセラレーションコース」18社の共創プラン。
そのうちいくつかは実際に体験もしていただきます。もう実証実験をしちゃうんですね。

なんてったって、大宮駅の1日当たりの乗降人員は50万人を超えます
それが「STARTUP_STATION」になるんだから、このチャンスを逃したくないですよね。

ちなみに、実際に体験が行えたり、実証実験を行うのはこんな協業プラン。

・スマートフォンとキオスク端末を利用した無人オーダー「カフェ」体験
AIを活用した新幹線混雑予想(デジタルサイネージ)
再生可能素材「LIMEX」を使用した新しい「LIMEX傘」の展示
・IoTを活用した無人パーソナルスタイリング体験
AIカメラを活用したダイナミックDOOH(屋外デジタル広告)の検証

ね?ちょっとワクワクしませんか。
JR東日本がスタートアップ企業とつくるちょっと先の未来を、この機会にぜひ体験していただきたいと思います。

いよいよ開催日が、ちょうど1週間後に迫ってきました!
ただ、実はまだ、準備がぜんぜん出来てないんだよね(苦笑)。

何しろ、発表会を終えて行きつく暇もなくデモ展示に突入する、鬼のようなスケジュール。
これも「スタートアップ時間」なのかしら。安全運行の鉄道員(ぽっぽや)にはちょっとキツイな…。

ちょっと先の未来を体験できる「STARTUP_STATION」。あらためて概要は次の通り。

「STARTUP_STATION 」概要
■日 時:2018年12月3日(月)~ 12月9日(日)11:00~18:00 ※3日のみ14:00~
■会 場:大宮駅西口イベントスペース(埼玉県さいたま市大宮区錦町)
■主 催:東日本旅客鉄道株式会社 JR東日本スタートアップ株式会社 共催
■内 容:
①AdAsia Holdings Pte. Ltd.のダイナミックDOOH(屋外デジタル広告)の検証
②株式会社エアークローゼットのIoTを活用した無人パーソナルスタイリング体験
③株式会社Showcase Gigのスマートフォンとキオスク端末を利用した無人オーダーカフェ体験
④株式会社TBMの再生可能素材「LIMEX」傘の展示
⑤メトロエンジン株式会社のAIを活用した新幹線混雑予想表示(デジタルサイネージ)
⑥Motionloft,inc.のAIカメラを活用した流動調査と広告媒体の認知率調査
⑦「アクセラレーションコース」18社の協業プラン紹介
■入 場:無料
※イベント内容について予告なく変更となる場合がございます。

ぜひ足をお運びください。

皆さん、よろしくお願いします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事