こんにちは。鉄道員(ぽっぽや)社長の柴田です。

昨日(7/3)、JR東日本は新しいグループ経営ビジョン「変革2027」を発表しました。
※プレスリリースはこちら

JR東日本は、さらなる人口減少や自動運転の実用化など経営環境の変化を先取りし、新たな成長戦略に挑戦していきます。
特に、私たちJR東日本グループの強みは、社会インフラを支える重層的でリアルなネットワークを持っていることです。
技術と情報を中心に、このネットワークの力をさらに高め、お客様や地域の皆様の「心豊かな生活」を実現していきます

今回、紙ベースの資料と合わせて、動画も提供しています。
「変革2027」が目指す未来がよく分かると思いますので、ぜひご覧ください。

「変革2027」サービスの未来編

どうですか。ワクワクするような未来が見えてきませんか?

例えば、「チケットレスサービス」「タッチレス改札・ゲートレス改札」
先進のICT技術を積極的にとり入れて、スマートトレインを実現していく方針です。
「新幹線のさらなる高速化」なんて、鉄道ファンの夢がわき立ちますよね。

そして、移動のための情報・購入・決済をオールインワンで提供する「モビリティ・リンケージプラットフォーム」
シームレスな移動、総移動時間の短縮を実現していきます。

駅直結のクリニック・保育園や、エキナカ等でのワークスペース提供など、「住んでよかった」「働いて良かった」と感じていただける「くらしづくり」にも挑戦していきます。
動画に描かれるような「駅型保育園」がさらに拡がる未来、そして「エキナカのシェアオフィス」なんて嬉しいですよね。

さらに地域を豊かにする取り組みも積極的に推進していきます。
農業の「6次産業化」駅の「地域拠点化」を進めることで、地域経済の活性化に取り組んでいきます。

私たちが目指す未来は盛りだくさんです。
「変革2027」には、新たな時代に挑戦していくJR東日本グループの決意が込められています。

私たちJR東日本スタートアップも、新しい未来を実現するために、とことん走りまわりたいと思います。
なんてったって、私たちのビジョンは「あなたの夢を未来へつなぐ 『明日』創造ステーション」
スタートアップ企業の皆さんと一緒に、JR東日本の夢も実現していきたいんです。

皆さん、よろしくお願いします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事