こんにちは。鉄道員(ぽっぽや)ベンチャーキャピタル社長の柴田です。

「JR東日本スタートアッププログラム2018」。青森での説明会を無事に終え、ほっと一息。
せっかくこの時期に青森に来たから、行ってみたい場所があります。
それは弘前。弘前の桜!恥ずかしながら見たことがないんですよね。桜、散っちゃったかな…。とりあえず、行ってみよう!

…ということで着きました、弘前へ。すっかり夜のとばりが落ちる中、弘前公園へ向かいます。
タクシーの運転手さんに桜の開花状況を聞いたら、「咲いでら。見でげ」とのこと。どうやら間に合ったみたい。

弘前公園手前で降りて、歩いて公園に向かうと、前方にきれいな桜色の風景が広がっています。
お濠まで桜色です。花筏(はないかだ)というんでしょうか、水面に揺れる一面の桜の花びら。美しい…。

公園内は夜桜を楽しむひとでいっぱい。それもそのはず、桜色の絶景が夜に映えます。
公園のなかの桜はまだあまり散っていないみたい。公園内のお濠は花筏にはなっていません。
その代わりに、ライトアップされた桜の樹々が、その姿を静謐な水面に投影しています。

お城とのコントラストもきれいです。ほんとぎりぎり間に合って良かった。

東北には、他にも角館の武家屋敷とか小岩井農場の一本桜とか、桜の名所があります。
桜だけでなく、他にも美しい景勝地が、手つかずのまま残っています。美しい原風景に出会えるのも東北の魅力です。

合言葉は「行くぜ、東北。」!!
皆さん、次のお休みは東北におでかけになりませんか。よろしくお願いします。

おすすめの記事